過去問2018

マンション管理士試験:2018年度 問27の正解

甲マンションの 105 号室を所有している組合員Aの取扱いに係る次の記述 のうち、標準管理規約によれば、適切なものはいくつあるか。ただし、甲マンショ ンの規約には外部専門家を役員として選任できることとしていない場合とする。

⇒正解は①

  • ア)Aが区分所有する 105 号室にAの孫Bが居住していない場合であっても、B はAの代理人として総会に出席して議決権を行使することができる。
  • イ)Aが区分所有する 105 号室にAと同居している子Cは、Aに代わって管理組 合の役員となることができる。
  • ウ)Aが区分所有する 105 号室の2分の1の持分を配偶者Dに移転して共有とし た場合、議決権はAとDがそれぞれの持分に応じて各々が行使することとな る。
  • エ)Aが甲マンション外に居住しており、自身の住所を管理組合に届け出ていな い場合には、管理組合は、総会の招集の通知の内容をマンション内の所定の掲 示場所に掲示することによって、招集の通知に代えることができる。
  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ

問題一覧に戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です