過去問2018

マンション管理士試験:2018年度 問5の正解

未納の管理費等の回収や義務違反者に対する措置に関する次の記述のう ち、区分所有法及び民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

⇒正解は③

  1. 未納の管理費等に係る債権は、区分所有法第7条に規定する先取特権の実行 としての担保不動産競売を申し立てることにより、他の一般債権者に優先して 弁済を受けることができる。
  2. 区分所有法第7条に規定する先取特権は、不動産について登記をしなくて も、特別担保を有しない債権者に対抗することができるが、登記をした第三者 に対しては、この限りでない。
  3. 管理者は、区分所有法第 59 条の規定による区分所有権及び敷地利用権の競 売について、規約又は集会の決議により、訴えをもって請求することができ る。
  4. 区分所有法第 59 条の規定による競売請求の判決に基づく競売の申立ては、 その判決が確定した日から6ヵ月以内に行わなければならない。

問題一覧に戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です