過去問2018

マンション管理士試験:2018年度 問34

平成 30 年4月に行われた甲マンション管理組合の理事会において、会計 担当理事が行った平成 29 年度決算(会計年度は4月から翌年3月まで)に関する 次の説明のうち、適切なものはどれか。ただし、会計処理は発生主義の原則による ものとし、資金の範囲は、現金預金、未収金、前払金、未払金及び前受金とする。

  1. 平成 28 年度決算の貸借対照表に計上されていた管理費の未収金 10 万円のう ち、7万円が平成 30 年3月に入金されましたが、平成 29 年度決算の貸借対照 表の正味財産の増減には影響がありません。
  2. 平成 30 年3月に、組合員Aから翌4月分の管理費4万円が入金されたため、 平成 29 年度決算の貸借対照表の正味財産が4万円増加しています。
  3. 平成 30 年3月に実施した植栽保守に要した費用9万円については翌4月に 支払うこととしたため、平成 29 年度決算の貸借対照表の正味財産の増減には 影響がありません。
  4. 平成 30 年3月に、翌4月実施予定の清掃費用3万円を支払ったため、平成 29 年度決算の貸借対照表の正味財産が3万円減少しています。

問題一覧に戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です