過去問2018

マンション管理士試験:2018年度 問42の正解

マンションの建物に使用される建築材料に関する次の記述のうち、適切で ないものはどれか。

⇒正解は②

  1. コンクリートは、調合の際に水セメント比を小さくすると強度が増すが、練 り混ぜや打ち込みなどの作業性は低くなる。
  2. セラミックタイルは、うわぐすりの有無により「施ゆうタイル」と「無ゆう タイル」に分類されるが、「無ゆうタイル」は、吸水率が高いので、外壁用の タイルには用いられない。
  3. 合板は、木材から切削した単板3枚以上を、主としてその繊維方向を互いに ほぼ直角にして、接着したものである。
  4. アスファルトルーフィングは、有機天然繊維を主原料とした原紙に、アス ファルトを浸透、被覆し、表裏面に鉱物質粉末を付着させたものである。

問題一覧に戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です